美容外科 病院 仕事内容

美容外科と病院の看護師の仕事内容の相違点

美容外科に来る患者さんが求めている看護師の役割

 看護ルー詳細情報
美容外科で処置・手術などを受ける場合、費用はすべて自己負担となります。(一部の処置や手術に限り健康保険の適応)そのため、美容外科を訪れる患者さんは「病気とは違うけれど、高いお金を支払ってでもコンプレックスを解消したい。」「自分の悩みや劣等感を理解してほしい。」という意識を持っている人がほとんどです。これまで自分の容姿に対して持っていた悩みを解決しようと勇気を出して美容外科を訪れた患者さん達は、気持ちの上でもナーバスになっている部分があります。そのため医療従事者は態度や言動にも十分注意を払う必要があります。処置や医師の介助などが安全に行える能力は必要ですが、それ以上に患者さんの気持ちをしっかりと受け止めることが出来る看護師が求められます。

 

病院に来る患者さんが求めている看護師の役割

 ナースではたらこ詳細情報
病院に来る患者さん達が看護師に求めているのは、手際良く仕事をこなせることや安全性に注意して正しい判断が出来るということです。だからと言ってあまりにもぶっきらぼうな看護師さんだと、患者さんが頼みごとをしにくくなってしまうこともあるようですが(笑)ここが美容外科に来る患者さんとの大きな違いです。言い換えれば、病院の患者さん達は看護師をはじめとする医療従事者のことを多めに見てくれている部分はかなりあります。なかには「看護師さん達は忙しそうだから、少々のことは我慢しないと…」というような声をかけてくれる方もいるくらい…。患者さん達は療養生活を支えてくれている看護師に負い目のようなものを感じていることから、このような言葉が出てくるのでしょうか?!こんな患者さん達の気遣いが「当たり前」になっている看護師さんは、美容外科の患者さん達の「お客様扱いしてほしい」という要求に少し違和感を感じるかもしれません。